シンプルで機能的なオススメのリュック Cote&Ciel Isar Rucksack

スポンサーリンク




おしゃれなリュック欲しいなぁと思って、
いろいろ探した結果、Cote&Cielの斬新なデザインに惹かれ、
Cote&Ciel Isar Rucksack (Mサイズ)を買いました。

そもそもこれなんて読むの?
→コートエシエル イザール リュックサック らしいです。

開封

結構大きいダンボールに入ってました

こんな感じで梱包されてました

思ったより結構大きいです

Cote&Cielの大きなタグが付いてました。

PCを入れるところには緩衝材がぎっしり詰まってました。

メイン部分の紹介

正面

2Lのペットボトルと比べるとこんな感じ。結構大きい。

左側

右側

背面。背面パッドのクッションはかなり厚みがあって負荷を和らげてくれます。
あと、持ち手が付いているのも地味に便利!

メインコンパートメント。
このリュックは縦方向にジッパーが付いているのが特徴的で、こんな感じでガバッと開くことができるので荷物を入れやすいです。

試しに2Lのペットボトル3本入れてみましたが、まだ余裕があります。

あと、こんな感じで服とかを固定できます。

中には大きめのポケットが付いています。

ジッパーを開けるとタグありました。おしゃれ。

500mlのマグボトルがすっぽり入るぐらいの大きさです。

上部にもう一つ小さめのポケットがあります。
なのでメインコンパートメント内のポケットは合計2つです。

続いて背面。実はここにもジッパーがあって、ここを開くと…

ガバッと開いて、PCを入れるスペースが出てきます。ただし、ショルダーパッドが当たるので開けづらい…

ここにもポケット。

マグボトルは流石に入りません(;´∀`)

ACアダプターなどの小物を入れたりできます。

反対側にあるPCスリーブ。

ここにもちょっとしたポケットがあります。

MacBook Pro Retina 13インチを入れたところ。
かなり余裕で入ります。というか2台入ると思う。
何よりクッションがめっちゃ分厚いので、とても安心感がある。

細かい部分の紹介

ベルトがあるので荷物の量に応じてマチを調節できます。これが最小。

これが最大。

底の部分にもベルトがあります。これが最小。

これが最大。

ベルトの金具は、プラスチックではなくアルミのような金属です。調節がスムーズにできるので気持ちがいいです。

こんなところにもポケットがあります。
長財布は無理ですが、二つ折りの財布やスマホなら入ります。

yoshi2.hatenablog.com

使ってみた感想・気づいたこと

  • おしゃれなので、プライベートはもちろん、仕事用にも使える。
  • 結構荷物が入るのでちょっとした旅行や出張でも使える。3泊4日の出張もこのリュックで行った。
  • 撥水加工がされているので、少々雨に濡れても大丈夫。
  • 重い荷物を入れて背負っても、あまり重く感じない。これはクッションがしっかりしているのと、身体に負担が掛からないようにちゃんと設計されているからだと思う。
  • 買い物用にも使っていて、近所のスーパーで買った食料品などをリュックに詰め込むのだが、ガバッと開くので入れやすい。
  • あまり物をパンパンに詰め込むとジッパーが閉めづらくなる。(当たり前か)
  • 特に電車の座席に座っている時、このリュックを膝の上に乗せるとかなり大きく感じる。手でリュックを抑えておかないとリュックが倒れる。
  • リュックを膝の上に乗せてスマホを操作しようと思うと、片方の手でリュックを抑え、片方の手でスマホを操作することになる。

評価

デザイン : ★★★★★ シンプルなデザインでおしゃれ♪
耐久性  : ★★★★★ 素材(エコヤーン)が丈夫で作りもしっかりしている。
収納力  : ★★★★☆ メインコンパートメントはマチを調節できるのが良い。
コスパ  : ★★☆☆☆ 結構良いお値段します…

使いやすさ: ★★★★☆ 背面側のジッパーが開けやすくなればもっと良い。*1

非常に良いリュックなので、長く使っていこうと思います!

*1:背面ジッパーの位置が違うモデルもあります

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です