【洗濯乾燥機】Panasonicキューブル 3年使用レビュー

スポンサーリンク




キューブルを使い始めてかれこれ3年が経過しました。

【レビュー】Panasonicキューブル 洗濯乾燥機は生活をより豊かにしてくれた

2018年4月22日

改めて思うとやっぱり本当に買ってよかった。生活が変わりました。

キューブルの天板が膨らむ事案が発生しましたが、
それ以降は特に問題なく使用できています。

Panasonicキューブルの天板が膨らんできた件

2019年5月8日

3年間で変わったことを書いてみます。

洗濯物を干すことがなくなった

3年使って思うことは、やはり洗濯物を干すことがなくなったことですね。
もう洗濯物を干す作業には戻れないです。

例外として干す場合があるもの

…ただ、厳密に言うと、

  • 毛布
  • 乾燥するとダメージを受ける衣類

は外で干す場合があります。

毛布

毛布もキューブルで乾燥させればいいんですが、乾燥に4~5時間掛かります。
ちょっと電気代が気になるので、天気が良ければ外で干します。
まぁ毛布はそんなに洗濯することないと思うので、大した手間ではないです。

乾燥するとダメージを受ける衣類

基本的には綿の衣類は、洗濯を繰り返すと縮んだり色落ちしたりします。

僕の場合は、ユニクロのスリムフィットジーンズ(黒)は外で干しています。
外で干すのはこれぐらいです。

ちなみに綿のタオルはキューブルで乾燥させています。
1年ぐらい洗濯乾燥を繰り返すと多少縮んできますが、
なにより外で干すよりもフカフカになるので、問題にはなりません。

服を買うときに素材を見るようになった

基本的に服は化学繊維の素材を選ぶようになりました。
逆に綿素材は買わないようにしています。
これは注意点というか割り切るしかないかなと思います。
僕の場合は、服にこだわりがないのと、洗濯の手間を減らし、服の選択の手間までも減らしたいので、
こういうライフスタイルになりました。

あと化学繊維はなにより速乾性が高いので、メリットはあります。

お手入れは習慣的にする必要がある

洗濯乾燥機に限った話ではないですが、何事もお手入れは必要です。

洗濯乾燥機の場合、フィルターの掃除をこまめにする必要があります。
一回の乾燥でそこそこホコリが溜まるので、洗濯する度にフィルター掃除をしています。
ちょっと手間ですが、洗濯物を干す手間に比べればなんてことはないです。
3年も使っていれば慣れます。

欲を言えばフィルター掃除も自動になれば最高ですね。(Panasonicさん期待してます!)
あとは洗剤、柔軟剤も自動投入できれば最高です。※上位機種は自動投入できます

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です