和を感じる洗練されたデザイン「ホテルモントレ半蔵門」に泊まってみた

スポンサーリンク




半蔵門駅から徒歩1分と、近くて便利な「ホテルモントレ半蔵門」に泊まってみました。

場所

部屋全体

部屋に入った瞬間に、真っ先にカーテンが気になりました。
あまり見かけないタイプのカーテンですよね。



ベッド

マットレスはシモンズです。

バス・トイレ

壁面がオシャレな感じのバスルームです。

ボディウォッシュ、シャンプー、コンディショナー

アメニティーも充実しています。

ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオル、バスマット、シャンプー、リンス、ボディシャンプー、圧縮スポンジ、レザー、薬用フェイス&ハンドソープ、歯ブラシセット、スリムヘアブラシ、コットンセット(コットン、綿棒)、シャワーキャップ(リクエスト)



バスマットがクシャッと置かれているのが気になりました。

デスク周り



その他


何かの絵。

カーテンにこだわりを感じます。

使い捨てのスリッパではなく、しっかりとしたスリッパは珍しいですね。

ミネラルウォーター無料サービスはありがたいですね。

消臭スプレー

クローゼット

これもあまり見かけない和風な照明器具ですね。

窓からの景色

建物で何も見えない。残念。

朝食

朝食の場所は宴会場になります。かなり広いです。
ビュッフェ形式で、種類もかなりありました。

まとめ

江戸の伝統と和をイメージしたホテル。
江戸の伝統色をテーマに華やかさ、粋、遊びごころを表現し各部屋が印象に残る空間デザインになっています。和をイメージさせる内装と洗練された近代的な建築が融合した美しい造りです。東京の中心に位置する半蔵門駅に隣接というアクセスのよさも魅力のひとつです。

たしかに、照明器具、カーテン、バスルームの壁面など、
「和」を感じさせる洗練されたデザインが印象的なホテルでした。
設備も充実しており、朝食も文句なしです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です