DMMいろいろレンタルでルンバをレンタルしてみた

スポンサーリンク




お掃除ロボットのルンバ。
気になるけど、本当に必要なのか?
普通に掃除機で掃除した方が早いんじゃないの?
でもロボットが自動で掃除してくれるんだったら、その分の時間と手間から解放されるのでは?

そんな疑問を解消するために、DMMいろいろレンタルでルンバをレンタルして、1ヶ月使用してみました。

開封

ルンバの製品の箱ではなく普通のダンボールに大量のプチプチに梱包されていました。

同梱品はこれで全部。
型番はルンバ 630という2012年頃に発売された古いモデル。
レンタル料金は1ヶ月で3,830円。

感想

稼働音がうるさい

初めて電源を入れた時、想像以上の音で動き始めたので、思わず止めてしまった。
アパートに住んでいるので日頃から騒音には気を使っているのだか、この騒音はアウト。
使うとすれば隣人がいないときにしないと…。

障害物によく当たる

アパートに住んでいる身として、あまりガシガシ壁とか角に当たるのはちょっと気がひける。
何回も当たり続けるといつかキズとか汚れてが付きそう。

床はキレイになる

結構ゴミを吸い取ってくれるみたいで、床はキレイになった。
ルンバのおかげで床掃除はしなくてもよくなるが、その他の掃除がなくなるわけではない。
ルンバが行けない狭いところや、床より上の掃除などは残る。
現在、ダイソンの掃除機を持っているが、これがいらなくなるわけではない。
ルンバとダイソンの二つ持ちの状態になってしまう。

時間が掛かる

ルンバは同じところを何往復もして掃除をするので、結構時間が掛かる。
バーチャルウォールを設置している場合、毎回バーチャルウォールの電源を入れないといけない。
正直、レンタルする前からわかっていたけど、いつもやっているクイックルワイパーで掃除する方が早い。2分ぐらいで掃除が完了する。

その他

  • ルンバが働いている姿を見るとかわいい
  • 円形のフォルムも相まってかわいい
  • AIロボットと人間の共存する未来の家を体験できる

結論としては、今はまだいらないかなぁ。
もう少し改良されて安くなったら買いたいと思う。

なんかデメリットばかり書いているが、
今回レンタルしたのが古いモデルなので、使い勝手がよくないのは仕方ないかもしれない。最新モデルにすれば音も静かで障害物に当たりづらくなるなど性能は良いと思う。

ルンバ自体は「21世紀スゲェ!」と思ってしまう未来感ある画期的な商品だと思う。
僕も以前から興味があって、でも本当に必要なのかどうかを、買う前にDMMいろいろレンタルで試せたので、気持ちがスッキリしてとてもよかった。

これからもルンバ以外にも気になる商品があったらレンタルで試してみようと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です