【レビュー】評価が高いモバイルバッテリーAnker PowerCore Fusion 5000を買ってみた

スポンサーリンク




Amazonレビューやブログを検索してみても、
だいたい評価が高いので、前から気になっていた、
折畳式プラグ搭載のモバイルバッテリーAnker PowerCore Fusion 5000を買いました。

レビュー記事がたくさんあるので、
今さら紹介してもしょうがないですが、紹介します。

開封

いたってシンプルな箱です

どうでもいいですが、すごく鮮やかな青色をしています。

左はモバイルバッテリー本体。右の箱はキャリングケースと充電用USBケーブルが入っています。

同梱物一覧

キャリングケースと充電用USBケーブルはこんな感じ。

感想

持ち運びが楽になった

今までモバイルバッテリーはAnker Astro E1 5200mAhを使っていました。

5200mAhの割に本体サイズが小さくて非常に使い勝手が良かったのですが、
旅行や出張時に、別途USB充電器も持って行くので、ややかさばります。
それに、できるだけ荷物の個数は減らしたいものです。

そんな時に、このPowerCore Fusion 5000だと2in1になるので、非常に便利です。
ただ、Astro E1と比べると、PowerCore Fusion 5000は、
同じバッテリー容量の割に大きさも重量も上です。
しかし、それよりも荷物の個数が減ることに価値があると思っています。

モバイルバッテリーの残量を気にしなくなった

基本的にずっとコンセントに挿しっぱなしで使っています。
つまり、常にフル充電されている状態なので、気軽に持ち運べるようになりました。

以前使っていたAstro E1は、
たまに充電を忘れてバッテリー残量がない状況がありました。
しかしPowerCore Fusion 5000を使い始めてからは、そんな心配はなくなりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です