台湾旅行に持って行ってよかったもの【プリペイドSIMカード】

スポンサーリンク




先週、ちょっと台湾へ旅行してきました。

その時に持って行ってもよかったプリペイドSIMカードをご紹介します。

海外でスマホからネット環境に接続するには、だいたいフリーWi-Fi、Wi-Fiルーターレンタル、現地のSIMカードを使うことになるかと思います。

調べたところ、台湾で使えるプリペイドSIMカードがAmazonで売られていました。
しかも、なんと5日間容量無制限使い放題!2018/8/19時点で965円お値段も安い!
マジかよと思いながら買ってみました。

FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日無制限

FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日無制限

 

開封

Amazonからメール便で届きました。入っていたのはこれだけです。

中身はSIMカードと、SIMカードを取り出すピンが同梱されていました。

パキッと簡単に取り外せます。iPhone8を使っているのでnano SIMサイズで取り外しました。

設定

台湾に行く前、日本でSIMカードを交換しました。
するとこんなメッセージが出ました。
「无套餐,请充值」

さっぱり読めないのでGoogle翻訳してみると、
「パッケージなし、再充電してください」
どういうことよ?w
SIMカードが入ってないので挿し直してくださいってこと?
とりあえず了解を押しておきましたが、特に何も起こらなかったです。

20180909003043j:plain

原文「激活中,请稍后」
翻訳「起動時にお待ちください」

要するに「起動中、お待ちください」という意味?

原文「网络已连接 如无法上网请配置APN」
翻訳「ネットワークが接続されている。インターネットにアクセスできない場合は、APNを設定してください。」

iPhoneだと特に何もしなくても繋がるらしいけど、自分の場合はうまく繋がらなかった。
どうやら、他のプロファイルがあるとそれを優先して使ってしまうらしい。
自分の場合はDMMモバイルを使っていて、そのプロファイルがあったので削除した。
その後、SIMがうまく認識して繋がるようになった。

 20180909002825j:plain

キャリアがFar EasTone(遠傳電信)と認識されて繋がりました。

プロファイル削除方法

設定>一般>プロファイル>該当プロファイルを選択

プロファイルを削除

まとめ

電波状態も良く、通信速度も早くて非常に快適でした。
唯一、観光していて圏外になったのは、中正紀念堂のエレベータホールぐらいです。
さすがに鉄筋コンクリートの建物内では電波が届かないようです。

また、日本で事前に購入できるので、安心感が得られるのと時間の節約ができます。
現地で契約して購入してもいいですが、せっかくの旅行ですし、
SIMカードの購入に時間を割くのはもったいない気がします。
Amazonで購入してから行きましょう♪ 

FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日無制限

FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日無制限

 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です