【レビュー】Panasonicキューブル 洗濯乾燥機は生活をより豊かにしてくれた

スポンサーリンク




ドラム式洗濯乾燥機を買いました。
買ったのはPanasonicのキューブル NA-VG720Lです。

https://panasonic.jp/wash/product/na_vg720.html

結論から言うと、本当に買ってよかった。
  • 洗濯物を干す&取り込む作業から解放されるので、自由な時間が増える。
  • 雨や花粉も気にする必要がなくなるので、精神衛生的に楽になる。
  • QOLがめちゃくちゃ上がる

なぜ買ったのか

洗濯物を干す&取り込む作業が面倒だから

洗濯物を干して、取り込む作業、面倒ですよね。

そもそもこの単純作業に何の価値があるのだろうか。

たまに、うちの母親みたいに洗濯物を干すのは好きという人もいます。
しかし、取り込むのは嫌いだそうです。

洗濯物を干す&取り込む作業が上達したところで、
別に給料が増えたり、誰かに褒められたり、評価されるわけでもない。

精神的に拘束されたくないから

  • 洗濯機が洗い終わるまで待たないといけない
  • 洗い終わったら洗濯物を干さないといけない
  • 洗濯物を干したら取り込まないといけない
一度洗濯をし始めたら、こういうことを気にしなくてはいけなくなるので、
精神的に負担が掛かるし、この一連の作業に拘束されてしまう。

さらに、天気も気にしなくてはいけないので、かなり疲れる。

なんとかこの状況を変えたいと思った。

時間を有意義に使いたいから

僕の場合、今までは週に1回まとめて洗濯していました。
洗濯1回につき、だいたい干す&取り込む作業に約0.5時間かかっている。

年間にすると、
365日 / 7日 * 0.5時間 = 約26時間

つまり、1年のうち丸1日は洗濯のために費やしていることになる。

僕は一人暮らしなのでこれだけで済むが、世帯持ちだと軽くこれの2倍以上は費やしていると思う。
すごくもったいない。

それだけあれば、読書をするとか、好きな映画を見たり、日帰り旅行もできる。

そういった自分の好きなことをするための時間に当てた方が有意義ではないだろうか。

洗濯乾燥機はかなりいいお値段。僕が買った時は約17万円。正直、高い。
ただ、洗濯機はだいたい10年ぐらいは使えるから、
長期的に見ると、それなりに見合う価値があると思って購入した。

購入前に必ず確認すべきこと・準備

設置場所・搬入経路を測る

以下、Panasonicのサイトに測り方の説明が書いてあります。
これを見てメジャーで測りましょう。

きちんと測れば置ける!我が家にもドラム式
https://panasonic.jp/wash/check.html


さらにチェックリストまであるので、これを一通りやればまず大丈夫です。

事前チェックリスト
https://panasonic.jp/wash/check/pdf/cuble_2018.pdf


僕の場合は、全部自分で測って、ネットショップで安く購入しました。
難しい場合は、家電量販店の人にお願いして、測ってもらった方がよいかと思います。

現在設置している洗濯機の撤去

家電量販店で購入する場合は、おそらく家電量販店の方で洗濯機を引き取ってくれるはずです。

僕の場合は、今回ネットショップで購入しました。
そのため、あらかじめ今まで使っていた洗濯機を撤去する必要がありました。

ゴミとして処分するとリサイクル料金が掛かるので、リサイクルショップで買取してもらいました。ちなみに4,000円で売れました。

撤去前

型番: Panasonic NA-F50B7

撤去後

防水フロア
我が家の防水フロアの寸法は、キューブル設置条件の寸法を満たしていました。
寸法図
今まで使っていた洗濯機は、いたって普通サイズの洗濯機です。

全自動洗濯機 NA-F50B7
https://panasonic.jp/wash/p-db/NA-F50B7.html

キューブルの搬入・設置

配送業者さんが、がんばって運んで設置してくれました。
ジャストフィット!!!

そしてカッコイイ!!

今回、オプションで取付までお願いしていたので、
排水ホース、アース取付、試運転まで全部やってもらいました。

サイズ感

左横は排水溝がある関係でスペースに余裕があります。
前面はジャストサイズです。
右横もジャストサイズです。完璧です。
扉を開けるとこんな感じ。
なんだか車のホイールみたいです。

使ってみたときの動画

洗濯

youtu.be

脱水

youtu.be

乾燥

youtu.be

使ってみた感想

間違いなくここ数年で買ってよかったものNo.1です。

朝、洗濯物を放り込んで、予約タイマーして会社行って、
家に帰ったらフッカフカな洗濯物ができあがっている。めちゃめちゃ楽。

逆に、今度は洗濯物をたたむ作業が追いつかない(笑)

乾燥フィルターは毎回掃除する必要がありますが、
洗濯物を干す手間に比べれば大したことはないです。

使用する水が少ない

説明通り、タテ型の洗濯機に比べて使用する水が本当に少なかった。
これでちゃんと洗えるの?っていうレベルの少なさ。
逆に、今までのタテ型洗濯機は水使いすぎじゃね?って思えてきた。

洗濯の時間が早い

今まで使っていたタテ型洗濯機は、約40分掛かっていた。
今回買ったドラム式洗濯乾燥機は、約30分ぐらいで終わる。

乾燥の音が結構大きい

脱水まで終わって乾燥の工程入った時、結構大きな送風音がし始めた。
想像していたより大きな音だったのでこれには少し驚いた。
でも、会社に行っている時や、外出している時、
つまり家にいない時に洗濯乾燥させればよいので、全く問題ない。

乾燥フィルターにゴミがすごく溜まる

1回乾燥しただけでだいたいこのぐらいフィルターにゴミが付着する。
一体どこからこんなにゴミが出てるの…
ちなみに取扱説明書を読むと乾燥フィルターは乾燥のたびに掃除する必要あります。
排水フィルターはそんなに汚れていない。
ちなみに排水フィルターは週一回程度掃除する必要あります。

乾燥させると部屋が少し温まる

洗濯機からの排熱で、部屋が少しモワッとするぐらいの温かさになりました。
冬ならちょっとした暖房になりそう。
夏はどうなるんだろう… 
あと、懸念していた部屋の中が湿気たりとか、結露も発生しなかった。

Yシャツのシワはほんの少しできるぐらい

ドラム式洗濯機を持っている人から聞いた話で、
Yシャツを洗濯乾燥させるとシワクチャになるという情報を聞いていたので、
どうなるのかすごく心配していた。が、その心配は無用だった。
比較するため、キューブルで乾燥後、半分はアイロン掛けをしています。

右側(ポケットがある方)…アイロン掛けをしていない状態。
左側(ポケットがない方)…アイロン掛けをした状態。

アイロン掛けした左側は、さすがにシワは少ないです。
アイロン掛けしていない右側は、多少シワがありますが、許容範囲だと思います。
ちなみに僕はアイロン掛けせずにこのまま着ています。特に何の問題もありません。

ベッドシーツなども洗濯乾燥できた

比較的大きな掛け布団カバー、ベッドシーツを洗濯から乾燥までやってみたが、
問題なく乾燥までできた。
ベッドパッドとその他洗濯物を洗濯乾燥した時、ペッドパッドは完全に乾燥できていなかった。
これは洗濯物を入れてすぎていたのが原因だと思う。
乾燥する際は、なるべく少なめの洗濯物でした方がいい。

こんな人にオススメ

  • 忙しくて時間がない人
  • 洗濯物を干して取り込むのが面倒で何とかしたいと思っている人

2018/11/01追記

新型が出たようです。
NA-VG720と比べると、乾燥容量が3kg→3.5kgに増えたようです。
これはうれしいですね。
その他細かいところも改善されているようです。 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です