【比較】Timbuk2 クラシックメッセンジャー(2019)とカタパルトスリングを比較してみた

スポンサーリンク




Timbuk2 クラシックメッセンジャー(2019)を新しく買ったので、
以前から使用しているカタパルトスリングと比較してみました。

スペック比較

クラシックメッセンジャー(2019) カタパルトスリング
素材 1830D Cordura Canvas 1830D Cordura Canvas
サイズ 約H31×W46×D18cm H約28×W約43.5×D約7cm
容量 約21リットル 約5リットル
重量 約0.93kg 約0.57kg
原産国 ベトナム インドネシア

外観の比較

縦横の長さはそこまで差がありません。

フラップの長さは明らかに違います。
カタパルトは短く、クラシックメッセンジャーは長いです。
フラップの開けやすさは、カタパルトの方が短い分やはり開けやすいです。

グラブルハンドルの長さも違います。

フラップの防水性

どちらも雨水が隙間から入らないようになっています。やや形状が違うようです。

カタパルトの収納力

MacBook Pro 13インチを入れてみましたが入りきりません。

カタパルトはジッパーがあるので、フラップを開けることなく内部にアクセスできます。
これは超便利です。クラシックメッセンジャーにもつけてほしい機能です。

クラッシックメッセンジャーの収納力

↓こちらをご覧ください

普段使いから小旅行まで行けるTimbuk2 クラシックメッセンジャーが使いやすい

2019年8月21日

奥行きの比較

 

ショルダーストラップとストラップパッドの比較

クラシックメッセンジャーは細長い形状。
カタパルトは太く短い形状。

荷物を入れて比較

  • ジムに行くときの靴や着替え、タオル、500mlペッドボトルなどのセット
  • 折りたたみ傘
  • モンベルのレインウェア、
  • モバイルバッテリー(Anker PowerCore Fusion 5000)

を入れてみます。

カタパルトに荷物を入れてみる

カタパルトは、靴と500mlペッドボトルを入れただけでキツイです。

無理矢理詰め込んでみたものの、レインウェアが入りません。

フラップを閉めるとこんな感じ。※レインウェアは入っていません

クラシックメッセンジャーに荷物を入れてみる

クラシックメッセンジャーに、同じく靴と500mlペッドボトルを入れてみました。まだ余裕があります。

結局、全部入りました。

まとめ

クラシックメッセンジャーとカタパルト、似ているようでそれぞれ個性があります。

クラシックメッセンジャーは、
コンパクトなのに結構荷物も入るし、万能なメッセンジャーバッグだと思います。

カタパルトは、ちょっとしたお出かけや、サイクリング・通勤に最適ですね。
ただ、あまり荷物が入らないので、荷物を厳選する必要はあります。

created by Rinker
TIMBUK2(ティンバックツー)
¥8,845 (2019/11/18 18:33:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
TIMBUK2(ティンバックツー)
¥6,236 (2019/11/18 18:33:57時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です